歯周病治療

歯周病とは?

歯と歯肉(歯茎)のあいだの溝(歯周病ポケット)に汚れ(プラーク)がたまると、歯肉(歯茎)に炎症が起こります。これを歯みがきをせずにそのままにしておくと、さらに炎症が進み、歯を支えている骨まで溶かしてしまうのです。それによって、虫歯でない歯でもだんだんグラグラになり、しまいには抜けてしまいます。 これが歯周病です。年齢を重ねると虫歯より歯周病の方が怖いのです。歯を失うもっとも多い原因のひとつです。歯周病は慢性的な病気で、かなり進行しないと自覚症状が出にくいため、早期の検診と予防が必要です。
「口臭がする」、「口の中がネバネバする」、「歯茎から血がでる」、「歯がグラグラする」、「膿がでる」 …などなど、 「歯みがきをちゃんとしているのに、なかなか改善されない」とお悩みの方は、歯科医院で早めに検査を受けましょう。

STEP1 まずはカウンセリング

カウンセリングの内容をもとに治療計画を立て、歯周病治療に関して詳しくご説明します。ご納得いただければ治療開始となります。

STEP2 レントゲン撮影やポケット測定などによる検査

歯の中や骨の状態を調べ、歯の周りの「歯肉ポケット」と呼ばれる溝の深さを測ります。

STEP3 歯のクリーニングを行います

プラークコントロール指導やスケーリング(歯石取り)などを行います。

STEP4 再検査を行います

症状がどのように変化したかを調べて治療のご相談をします。

  • 術前

  • 術後

歯周病の一番の予防方法は・・・

それは、ブラッシングなのです!!
「なあんだ、それなら私も毎日磨いているわよ」、と思われた方もいらっしゃるとおもいますが、「みがいている」のと「みがけている」のは違うのです。歯ブラシひとつとっても、ひとりひとりにあった歯ブラシやみがき方があるのです!ぜひ、一度お気軽にご相談下さい。

歯周病治療のご注意

せっかく治療しているのに歯周病がなかなか治らない…という経験はありませんか? 歯周病は、回し飲み、回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどで感染してしまいます。 例えば、AさんBさんというご夫婦がいて、Aさんが歯周病の治療をしていても、Bさんが歯周病に感染したままだと、上記のような行為をすることで、再度、歯周病になってしまいます。このように、治療と感染を繰り返してしまう状態をピンポン感染といいます。 せっかく治療をしたのに、家族間、親子間、夫婦間、パートナー間でうつしあってしまい、また感染してまっては治療をした意味がなくなってしまします。 ご家族、パートナーもご一緒に治療することをおすすめします。

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL:048-790-1108 診療時間:10:00~13:00 / 15:00~20:00 ※日曜・祝日は18:00まで

ページ先頭へ戻る

  • インプラント
  • 小児歯科・むし歯予防
  • 矯正歯科・床矯正
  • 歯周病治療
  • 審美歯科・ホワイトニング

医院情報

診療時間

  月 火 水 木 金 土 日
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~20:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 19時まで

※日曜・祝日は19:00まで

土日、祝日も診療しております。

地図・交通

東武野田線 岩槻駅から徒歩1分
駅前ビル WATSU(ワッツ)東館3階

詳細はこちら